和紙と和紙工芸品を販売する専門店です。 和紙は日本の文化を文字と絵の形にして継承して来ました。


【受注生産】ESP POTBELLY / Ivry Green
ホーム お問い合わせ
お問い合わせ
STEP 1
入力
STEP 2
内容確認
STEP 3
送信完了

【受注生産】ESP POTBELLY / Ivry Green:BIGBOSS - 6c111

2020-02-14
カテゴリトップ>Electric Guitar>ESP Guitar
ESP POTBELLY
ESPが考えるスタンダードとは。そのひとつの答えがこのPOTBELLYです。トラディショナルなスタイルを現代のスタイルに合わせて進化させたルックスは、飽きの来ない洗練されたデザインへと昇華しています。POTBELLYでは、トップ材に希少価値の高いフィギュアドメイプルを贅沢に使用しています。ボディのエッジ部分にはカラーを付けないナチュラルバインディングになっていますので、トップ材の厚みを目で確認することが可能です。
BODYFlame Maple Top / Mahogany Back (Thickness 55mm)
NECKMahogany
GRIP SHAPEU
FINGERBOARDHonduras Rosewood / 22frets
RADIUS305R
SCALE24 3/4"
JOINTSet-neck
FRONT PUSeymour Duncan SH-1n
REAR PUSeymour Duncan SH-16
BRIDGETonePros T3BP & GOTOH 510FA
CONTROLMaster Volume/Master Tone/Toggle PU Selector
with GIG CASE
※こちらの商品につきましては製作期間として約6〜8ヶ月頂きます。予めご了承下さい。

<ボディ>
●エレキギターのは楽器の中でも重い部類だ。長時間の演奏には体への負担も伴う。その負担が演奏に影響しては元も子もない。但し、演奏性を重視するばかりに音質が損なわれるのも考え物だ。そこで妥協点としてPOTBELLYでは、ボディ裏の体のあたる部分のRを大きくした。バックカットを付ければ話は簡単だったが、このギターには不向きであると判断した。
●演奏性の良いダブルカッタウェイデザイン。やや小ぶりに見えるが、ブリッジを中心に幅を大きく取ることにより、弦振動を無駄なくボディに伝える設計となっている。
●トップ材はPOTBELLYでフィギュアドメイプル。倍音成分を多く含みマイルドなトーンを生み出す。美しい木目も大きな特徴だ。POYBELLY STDではプレーンなハードメイプルを採用し、アタッキーできらびやかなトーンが魅力である。バック材はマホガニー。古くからメイプルとは抜群の相性の良さを誇る。

これら良材を楽器としてのボディに昇華させるのが、独特の深いアーチドトップ。ESPの職人技が最も光る部分でもある。POTBELLYの名前の由来であるこのふくよかなアーチドトップに受け止められた弦振動は増幅されてボディトップ全体に行き渡り、そしてボディ全体、ネックに伝わり、プレイヤーの左手にしっかりと感じられるはずだ。

<塗装>
楽器は美しくありたい。その思いで手間のかかる生地着色を選んだ。ナチュラルバインディングでコントラストを持たせ、風格も申し分なしだ。


<ピックガード>
小ぶりなデザインのヘッドに高精度なクローズドキアのペグをバランス良く配置。トラスロッド調整部への容易なアクセスの確保とチューニングの狂いの原因になる弦の折れ曲がりを極力押さえた設計になっている。
ヘッド角は10度に設定されチューニングの安定と、サステインの向上を計っている。10〜46ゲージの弦を張ったときのスムーズな弾き心地、音の粘りを体感してほしい。ヘッド裏のボリュートはヘッド折れと言う不慮の事故を防止すると共に、ヘッドの振動をタイトにし、このギターのサウンドキャラクターの一部を担っている。ナットは安定した音質を持つ牛骨を使用。

<コントロール>
仕掛けなしの1ヴォリューム、1トーン、それにセレクタースイッチ。ポットにはUSA製CTSを採用し、トーンコントロールのキャパシターにはオイルコンデンサーを使用。コントロールキャビティーにはスイッチ、またはポットを増設する余地がある。

<ストラップピン>
ノンロックのストラップピンながら、外れにくいものを採用。皮のクッションがボディへのフィットを増し、緩み防止にもなっている。不用意にギターを立てかけた時に与えるダメージも軽減される。

<指板>
木工処理が困難であるが、素晴らしい滑りの良さ、音質を持つウェンジをPOTBELLYでは採用している(STD、TRではローズウッド)。指板のRは音詰まりのないベンドを実現する305R。スムーズな運指を求めてレギュラーワイドのフレットが打たれている。丁寧なフレット及び指板サイド処理にも注目していただきたい。
ポジションマークはPOTBELLYのチャームポイントであるFish Eyeマーク。白蝶貝の中にアワビをインレイし、華美することなく存在感をアピールしている。

<ネックジョイント>
ネックジョイントはディープジョイント工法で3度にセットされ、強度の確保とプレイヤビリティを両立したSNカットが施されている。

●エレキギターのは楽器の中でも重い部類だ。長時間の演奏には体への負担も伴う。その負担が演奏に影響しては元も子もない。但し、演奏性を重視するばかりに音質が損なわれるのも考え物だ。そこで妥協点としてPOTBELLYでは、ボディ裏の体のあたる部分のRを大きくした。バックカットを付ければ話は簡単だったが、このギターには不向きであると判断した。
●演奏性の良いダブルカッタウェイデザイン。やや小ぶりに見えるが、ブリッジを中心に幅を大きく取ることにより、弦振動を無駄なくボディに伝える設計となっている。
●トップ材はPOTBELLYでフィギュアドメイプル。倍音成分を多く含みマイルドなトーンを生み出す。美しい木目も大きな特徴だ。POYBELLY STDではプレーンなハードメイプルを採用し、アタッキーできらびやかなトーンが魅力である。バック材はマホガニー。古くからメイプルとは抜群の相性の良さを誇る。

これら良材を楽器としてのボディに昇華させるのが、独特の深いアーチドトップ。ESPの職人技が最も光る部分でもある。POTBELLYの名前の由来であるこのふくよかなアーチドトップに受け止められた弦振動は増幅されてボディトップ全体に行き渡り、そしてボディ全体、ネックに伝わり、プレイヤーの左手にしっかりと感じられるはずだ。

楽器は美しくありたい。その思いで手間のかかる生地着色を選んだ。ナチュラルバインディングでコントラストを持たせ、風格も申し分なしだ。

ノンロックのストラップピンながら、外れにくいものを採用。皮のクッションがボディへのフィットを増し、緩み防止にもなっている。不用意にギターを立てかけた時に与えるダメージも軽減される。

仕掛けなしの1ヴォリューム、1トーン、それにセレクタースイッチ。ポットにはUSA製CTSを採用し、トーンコントロールのキャパシターにはオイルコンデンサーを使用。コントロールキャビティーにはスイッチ、またはポットを増設する余地がある。

出荷時は取り付けられていないが、「ピックガードが無いとちょっと・・・」と言うユーザーの声に応え、オリジナルピックガードが付属する。


<ヘッド>
小ぶりなデザインのヘッドに高精度なクローズドキアのペグをバランス良く配置。トラスロッド調整部への容易なアクセスの確保とチューニングの狂いの原因になる弦の折れ曲がりを極力押さえた設計になっている。
ヘッド角は10度に設定されチューニングの安定と、サステインの向上を計っている。10〜46ゲージの弦を張ったときのスムーズな弾き心地、音の粘りを体感してほしい。ヘッド裏のボリュートはヘッド折れと言う不慮の事故を防止すると共に、ヘッドの振動をタイトにし、このギターのサウンドキャラクターの一部を担っている。ナットは安定した音質を持つ牛骨を使用。

ホームへ | | | お問い合わせ(eメール)

530-0047 大阪市北区西天満3丁目5番2号クリエ西天満601号
有限会社サイトカイン 電話番号: 06-6362-3738
Copyright (c) 2013-2019 by Cytokine. All Rights Reserved.
このホームページの内容の一部または全部を無断で複製、転載することを禁じます。
このホームページ内には外部より著作権の許諾を得た著作物があります。