和紙と和紙工芸品を販売する専門店です。 和紙は日本の文化を文字と絵の形にして継承して来ました。


2-Spoke(ツースポーク)
TRACK クリンチャー
フロント ホイール
(2-Spoke2019)(新品20190104)
ホーム お問い合わせ
お問い合わせ
STEP 1
入力
STEP 2
内容確認
STEP 3
送信完了

2-Spoke(ツースポーク) TRACK クリンチャー フロント ホイール:クラウンギアーズ - 3aa74

2019-08-12
カテゴリトップ>その他
■他関連商品はこちら
 ・クリンチャーフロント  ・チューブラーフロント
 ・クリンチャー リア  ・チューブラー リア




■状態:新品

■商品説明

・2-Spoke(ツースポーク)

数々のヨーロッパでのデザイン賞を受賞している、オランダの自転車パーツの設計スペシャリストメーカーM5より開発された、「ツースポーク」。
空気抵抗を最大限に抑えた高性能ホイールであり、TTワールドチャンピオンやリオオリンピック自転車チームを始めとした、プロフェッショナルの面々から勝負の際に選ばれているホイールです。

■TECHNOROGY

・タイムトライアルやトライアスロンなどに向け最適化された、新しいスタンダードとなるホイール設計であり、ユニークなデザインと縦横双方向の剛性を実現。

・あらゆる空気の流れを想定し、CFD(数値流体力学)を用い空気力学的特性を測定し、通常の12-16本のエアロスポークホイールやバトンホイール、更にはディスクホイール等あらゆるホイールと比較した結果、最も少ない空気抵抗を計測。
空気と接する空気力学的な表面積(ウェットエリア)の少なさが、この優れた空力性能を可能とさせている。

・ディスクホイールに対し、風速3m/s以上等の空気抵抗のある条件では勿論、屋内(ベロドローム)においてもディスクホイールを打ち破る空力性能を実現。

・奇数バトンホイールと比較した際、ウェットエリアが少なくなることによる空気抵抗の削減だけでなく、走行中の側面から見た表面積が同じであるため、横風においての安定性も向上。

・上記については、パワーメーターを使用したAeroProによる実走テストとCFDを用いた実験により証明されています。

・幅広(23.7 mm)リムとスポーク部分にNACA 65210プロファイルを採用。
またリムハイトは、48mmから90mmに変化させることで、スポーク先端部がリム表面へと空気の流れを効果的に誘導し、最良の空力性能を実現。

・バルブホールをスポーク部分に収めることにより、空気抵抗を削減。

・強度を最大化するため、UDファイバーを採用。更に優れた構造設計とTORAY?1000等を採用することで垂直および横方向の剛性を最大化。
負荷重量が2倍の場合、必要強度は8倍になりますが、2-Spokeはこのような負荷でも耐えうる剛性を実証済み。
例えば、2016年リオオリンピックでのタンデムレースにオランダチーム代表のホイールとして採用され、銀と銅メダルを獲得。

・ハブ周辺及びスポーク部分の内側にもデザイン及び補強をすることで、コーナリング中に発生する応力を処理するを実現。

・標準的なカーボン3本バトンホイールと比較した際、1時間の走行テスト(平均51km / hの場合)において、2.5分のアドバンテージを得ることが可能。

・UCI承認済デザイン。

■スペック

・TORAY 800及び1000ユニディレクショナルカーボンファイバー採用

・日本製ベアリングを使用したオリジナル軽量アルミ製ハブ

・バサルト処理されたリムブレーキトラックにより210℃まで対応可能

・700 C チューブラー or クリンチャー

・9-10-11スピード用カセット(Shimano / SRAM)対応(ROAD仕様)

・カーボンリム用ブレーキパッド(Swissstop等)を推奨(リムブレーキ仕様)

・スピードセンサー用マグネット内蔵

・最大空気圧:12bar(165 psi)チューブラー or 9bar(125psi)クリンチャー/チューブレスレディ

・最大積載量:120kg(自転車+人+荷物)

・重量:フロントホイール 940g(クリンチャー/チューブラー)、980g(ディスクブレーキ)

・重量:リアホイール 1070g(チューブラー/ロード用)、1120g(クリンチャー/ディスクブレーキ仕様)




ホームへ | | | お問い合わせ(eメール)

530-0047 大阪市北区西天満3丁目5番2号クリエ西天満601号
有限会社サイトカイン 電話番号: 06-6362-3738
Copyright (c) 2013-2019 by Cytokine. All Rights Reserved.
このホームページの内容の一部または全部を無断で複製、転載することを禁じます。
このホームページ内には外部より著作権の許諾を得た著作物があります。